スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

診断士1次試験用問題集 「過去問完全マスター」のご紹介

こんばんわ。ふぞろい分析チームの「りゅううし」です。

1次試験まで、後140日をきりましたね。
学習は順調でしょうか。

私はこの時期、予定通りに学習が進まず、焦っていたことを
よく覚えてます。

1次試験は膨大な学習範囲なため、如何に効率よく、
そして効果的に学習を進めるかが重要になります。

少しでも過去問を効率よく勉強したい方に、朗報です!

ふぞろいOBも多く参加する「中小企業診断士研究会」が同友館さんより
1次試験対策の過去問題集「過去問完全マスター」を発売しました。
IMG.jpg

アマゾンのURLは下記のとおりです。
http://p.tl/VlFO

■お勧めポイント1「出題項目別にソート」
この問題集をお勧めする理由は、通常過去問は、年度別、科目別などで、
分類されていますが、「過去問完全マスター」は、出題要綱にある出題項目別に
ソートしてあります。

テキストを読み込んだ論点から、順番に過去問をこなしていくことができます。

過去問の学習が重要だとわかっていても、過去問は論点がバラバラなので、
テキストを一通り読んだ後、学習の後半になってから取り組みがちです。
私も受験時代そうでした(>_<)
「過去問完全マスター」なら、テキストの読み込みと、過去問の取り組みが
並行して進められます!

う~ん、受験時代にこんな問題集が欲しかったな~。
■お勧めポイント2「8年分収録」
過去問題を8年分も収録してあります。
2次試験同様、1次試験でも過去問は最良の問題集になります。
それは、次の2つの目的があると思います。
・どういった試験であるか、過去どういった論点が問われたかを知る
・理解度を確認する、力試しを行う

そのためにある程度の年数分は用意したいところです。
8年もあれば、皆様の要求を十分に満たせるのではないでしょうか。

■お勧めポイント3「とにかく使いやすい」
効率よく勉強するためには、使いやすさも重要です。
「過去問完全マスター」は、受験生目線で作られていて、すごく工夫されて
いると感じました。
特に工夫されているなっと感じたのは、次の2点です。
・問題ページの次ページに解答があり、答えの確認が簡単
・問題ごとにチェック表があり学習の進捗や、問題ごとの得意不得意を明確化

1次試験まで140日とした場合、7科目受験だと1科目に割り当てられる日数は、
20日しかありません。

仕事や家庭があって、思う通りに学習が進まないことも多いかと思いますが、
効率良く学習を進め、1次試験突破されることを心よりお祈りしております。

1次試験合格したら「ふぞろいな合格答案」もよろしくお願いします(笑
スポンサーサイト

至弱をもって至強にあたる

いよいよ明日は1次本試験ですね。
準備は万端ですか?

 ・・・ 万端な人なんていないと思います。

 みなが程度の差こそあれ不安をかかえて、強大な敵である診断士試験に向かうわけです。

そこで、最後にこの言葉を送りたいと思います。


至弱をもって至強にあたる

三国志の英雄、曹操の配下であった荀の名言ですね。

曹操は、自分より圧倒的に勢力の強い袁紹の討伐に向かいます。
いわゆる、「官渡の戦い」
しかし、途中で弱気になって、荀に、もう撤退してもいいか?
 と手紙を書きます。その手紙への荀からの返信が
 「至弱をもって至強にあたる」だったわけです。

-------------------------------------
「出陣する前から、我が軍は寡兵で、敵軍が多勢だったことはわかっていたはずです。
この戦いを各地の群雄は固唾を飲んでみています。
ここで撤退することは天下統一へのミチを自ら閉ざすことになります。

我が軍は劣勢で、袁紹軍は優勢です。しかしここを耐え抜けば必ず変化が訪れます。
それを見逃さず、勝利を収めるのは、今、この時にかかっているのです。

故に、『至弱をもって至強にあたって』ください。
そして天の時を見極め、地の利を活かして勝つのです。
それが出来るのはあなたしかいないのです」

                  Yahoo知恵袋より流用修正
-------------------------------------


診断士試験が強敵なのは、やる前からわかっていたことです。
今更、戦う気を失う必要はありません。

かといって、やればなんとかなるさ!では、討死間違いなしです。

7科目の510分間。
一瞬たりとも気を抜かず、設問の一語一語に細心の注意を払って
最後の最後までやりきる。

これこそが、至弱である我々が至強を倒す唯一のミチではないでしょうか?

自分の弱さを認識した上で、
強大な敵を倒して来てください。


これは、官渡の戦いと同じく、勝利をおさめても、天下統一には程遠いです。

まだまだ、群雄割拠、さらなる強敵が待ち構えていますが、
これを倒さない限り、天下統一、すなわち診断士試験の合格は無いわけです。

皆様の勝利の吉報をお待ちしております。

Please! 1Click/day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

自分に有利な空間を作ろう

こんにちは。ふぞろいメンバーの Shinichi です。
暑い日々が続いていますね。とうとう1次試験まで1週間を切りました。

焦らずに、できることを粛々とこなしていきましょう。


今回は、「試験当日の行動について」 です。

私は、とにかく試験会場に早く入って「場の雰囲気」を自分のものにしようと努めました。
落ち着かない状態で受験することを嫌っていたからです。

私は周りが多少うるさくても集中できるようになりましたが、「目が乾く」「暑くて汗がひかない」「お腹が空いた」といったように自分のコンディションを整えられなかったときに、調子が良くなかったように思います。

少しの時間があれば対処できるのに、その時間がないためにうまくできなかった、というような悔いが残ることはしたくありませんでした。

教室への一番乗り。おすすめです!

その時は教室の照明を点け、電動カーテンをスイッチ操作で開けるといったように自分主導で雰囲気作りができ、とても快適だったことを覚えています。

「"初めて来た場所"ではない状態」 を早く作りたいという意識でした。

受験生の中には、試験開始直前に着席し、バタバタと準備する方もいらっしゃいます。
そのような状態で本来の自分のチカラを100%発揮することは容易ではありません。
あえてそのような不利な状況にする必要もありません。年に一度しかない試験で、苦労を重ねて迎えた本番当日、ゆったりと落ち着いた状態で取り組みたいものです。

(そういえば、私はブドウ糖を持って行き、試験直前によく口にしていました。)


Please! 1Click/day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ


1次試験は通過点

ふぞろい執筆メンバーの Shinichi です。

1次試験まで2週間となりました。もうこの時期には新しいものには
手を出さず、これまで使ってきた教材を繰り返し、基本的な問題で
取りこぼさないようにすることが重要です。
(自分がわからない問題は、他の受験生もわからないはず と割り切る!)

ここで、先日発売されました 『ふぞろいな合格答案 エピソード4』 から
川柳を一句。


「1次試験 5年連続合格で なぜか受からぬ2次試験」


そうなんです! 1次試験はしっかり学習すれば必ず結果が出ます。
しかし、2次試験はそう簡単にはいきません。

1次試験は単なる通過点にすぎません。 (と言っても大変なんですが…。)

受験する上での目標はあくまで2次試験突破です。そのためにも残された時間を
有効に使って、悔いのない1次試験を迎えましょう!



Please! 1Click/day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

1次試験申込期日迫る!

こんにちは。ていく@虎です。
6月発売予定の、今年の「ふぞろい4」で第1章をちょろっと執筆しました。
執筆メンバー全員のアツイ思いがこもった力作なので、是非ご期待くださいNE!!(*Φ皿Φ*)

と、その前に『重要な第1歩』である診断士1次試験の申込期日が迫ってきました。
5/31(火)までですよ~
「ヤベ、忘れてた」という方、「ど~しよ~かな~」と迷ってる方、
後悔先に立たずなので、きっちり期日内に申込んどきましょう!o(`ω´*)o

さて1次試験について、経験者としてちょっとでも参考になれば。
記憶のロックについてです。
1次試験の科目数の多さにゲップが出ている受験生の方も多いと思います。
ワタクシもそうでした。ゲップ出まくりでした。(・3・)

しかしながら残念なことに、ユルイ知識は役に立ってくれません。
「あれ、なんだっけ~、うん、そうそうあれあれ!う~ん、、」と迷うのは、
脳にも負担をかけますし、試験時間をどんどん食います。

記憶した知識で解ける設問をスイスイと済ませて、
考えないといかん設問に時間をまわすことで得点の安定、スタミナの維持が得られます。

ワタクシの場合、「これ2次にも重要や!」といったところや、
よく問われるが、いつもアヤフヤなところは「3つロックすること」を心がけました。

例えば、①フローにして覚えて、②図にして覚えて、③語呂合わせで覚えて、、といった具合です。
3つは何でも良いです。公式もそれに入るでしょう。
タテ・ヨコ・ナナメという異なるチェック視点であることがポイントです。
重要度の低いところや、あまり問われないところは、このロックの数を減らします。

演習の際には、正解・不正解ではなく、
確実にこの「3つのロック」が機能しているかを自分に問います。
なので、あまり手を広げすぎず、
同じテキストや問題集を繰り返し、繰り返すことがオススメですYO!!ヽ(*゜∀゜*)ノ

1次試験まで残りあと2ヶ月。
記憶の定着にこだわってガンバッテください!!
その先に、『骨太』でやりがいのある2次試験が待っています!
ふぞろい執筆メンバー一同応援しています。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。