スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ふぞろいもいよいよ6へ・・・

みなさまお久しぶりです。
ふぞろい販促担当のpingpan(ぴんぱん)です。

ブログの更新をだいぶさぼっている間に、診断士業界も色々とございました。
2次筆記試験の合格発表!!があったり、口述試験!!があったり。

一番の大きな山場がすっかり過ぎてましたね・・・w

ということで、遅ればせながら今年の筆記試験に合格した皆様、本当におめでとうございました☆☆
「ふぞろい5」は、皆様の合格のお役に立ちましたでしょうか。
役立ったよ!と少しでも言って頂ける方がいらっしゃいましたら、執筆メンバー一同、この上なく幸せでございます。
これから診断士として活躍されると思いますので、狭い世界どこかでお会いしましたらぜひよろしくお願い致します。
一緒に診断士業界を盛り上げていきましょう (^ ^)

さて、そんなこんなで今年の合格者も決まりましたので、ふぞろいの世界もいよいよ世代交代を迎える日が来ました。

合格発表の後、密かにリクルーティング活動をやってきまして、ふぞろい6を任せるメンバー集めを実施してきました。
そして、今年もすごくいい仲間を集めることが出来ました。
これからは、その新しいメンバーがふぞろいを作っていく番です。
今月の某日に「ふぞろい6キックオフ」が開催されます。
今年の本試験も色々とありましたので、さぞ分析のやりがいはあるはずです。
来年受験される皆様、今年の本試験の分析は「ふぞろい6」メンバーが責任をもって実施致しますので、約半年後の発売を楽しみにお待ちください☆☆

あぁ、もう我々の代は終わってしまうのね・・・
ちょっと寂しい気持ちもあったり、達成感もあったり、うーん複雑な心境だww

というわけで、引き続き【ふぞろいな合格答案】を何卒よろしくお願い致します。

それではまた。

スポンサーサイト

ふぞろいコラム。

こんばんわ。ふぞろいブログ担当のpingpanです。
pingpanは、「ぴんぱん」って読みます。


ふぞろいプロジェクトメンバーは、現在「最終原稿チェック組」と「再現答案フィードバック組」の2つに分かれて活動をしています。
それと並行して、「販促チーム」というものがありまして、6月に発売予定の「ふぞろい5」の販促活動を考えたり、8月に実施予定のふぞろいセミナーの企画なんかを話し合っています。
ちなみに、ワタクシpingpanは、「再現答案フィードバック組」と「販促チーム」にいます。
ということで、このブログをお読みの方で、今年実施するセミナーの会場でお会いする方もいると思うので、その時は温かくお声掛けいただければと思います。
「ブログ見てますよ!」って言っていただけると、モラール向上します。


というわけで、遅くまで起きて勉強されている方、はたまた超早起きをして勉強されている方にむけて、ほんの一息つけるふぞろいコラムをお送りいたします。

** ここで紹介するコラムは、今年発売予定の「ふぞろい5」で、泣く泣く誌面からカットされたコラムです。
ひと足早く「ふぞろい5」をお楽しみください。**


~2次本試験本番であった(面白・仰天)エピソード~

当日に起きた仰天なこと、ひとつめ。
80分をカウントするタイマーを改造して消音モードにした為に、80分が経過すると文字表示がバグって毎回リセットしてから使っていたが、2次試験の本番だけ4事例ともなぜか文字表示がバグらずにつかえた。
事例Ⅲの途中でその事実に気が付き、もしかして合格しちゃうんじゃ…と淡い期待を抱いた。
試験終了後に使った時にはタイマーの表示は通常通りバグった。
ふたつめ。
試験当日にリバティタワーに向かうために乗ったタクシーの運転手さんが、明治大学出身の方だった。
わずか数分の距離を移動するために乗ったタクシーでこんなことがあるなんて。
私には偶然に思えなかった。


隣の人が全ての科目で試験終了の合図後40秒は書き続けていた。



今日はここまで。

それでは、また。

ふぞろいコラム。

こんばんわ。

GWがスタートしました。
診断士受験生にとって、集中して勉強するには最適な大型連休。

遊びたい気持ちをグッとこらえて勉強されている皆様に送る、ほんの一息つけるふぞろいコラムをお送りいたします。

** ここで紹介するコラムは、今年発売予定の「ふぞろい5」で、泣く泣く誌面からカットされたコラムです。
ひと足早く「ふぞろい5」をお楽しみください。**


~2次本試験会場に持って行って良かった持ち物~

何はなくとも、「ストッパ」。
1次試験の2日目科目のとき、試験開始の合図とともに腹痛が限界に達して挙手し、トイレと席を2往復するという苦い経験をしました。
2次試験では席を立ってる時間的余裕はないと思い、とにかく「止める」ことを目的に錠剤を準備し、開始の合図とともに服用することで、何とか乗り切りました。

---
試験会場では、100円ショップで売っている携帯用の座布団を持参しました。
長時間座っているのに適さない座席が多い中、この座布団は集中力を持続させるのに一役買いました。
また、断熱素材のパックに保冷剤を入れてキンキンに冷やしたチョコレートも持参して、休み時間にファイナルペーパーを眺めながら食べてました。

---
「iPod」
ここにスラムダンクの名言集を入れていたので、内容を診断士関連に置き換えて朝の電車や昼休みに見ていた。
ex. 「諦めたら、そこで2次試験終了だよ」
  「諦めるのは早い。受かるで。受かったほうが百倍楽しいもんな。」
  「やっと。ダンコたる決意ができたってもんよ。」
  「最後にオレが受かるからだ。受かるから楽しいんだ」など

「明治大学の会員カード」
リバティタワーで試験を実施する際、1Fの図書館へ入ることができるカード。
個室のトイレは確実に開いていて、競争が発生しないので心に余裕ができた。



今日はここまで。
それではまた。

ふぞろいコラム。

こんにちわ。

「ふぞろいな合格答案」では、毎年受験生のエピソードを脚注やコラムで紹介しています。
これらを読んで「あるある!」と共感いただいたり、励みにしていただいてる方もおられると思います。

とはいえ、これら書面で紹介しているものは、集めたコラムの一握り。
実は、誌面の関係上、泣く泣く掲載を見送ったコラムもたくさんございます。
(注:未掲載のものは、ふぞろいプロジェクトメンバーから集めたものです。)

このまま世に出さないのももったいないので、今年発売予定の「ふぞろい5」の誌面から泣く泣く見送ったコラムを、当ブログ上で紹介していきます。
ひとあし早く「ふぞろい5」が味わえるのは、この公式ブログだけ!!

ということで、勉強の合間の息抜きにご覧ください。


~中小企業診断士を目指した理由は?~
スキルアップ目的で勉強しようと思っていた別の資格の参考書を探していたときに、偶然出会ったのが中小企業診断士でした。
幅広い知識を得られるという興味と、1つへの集中が苦手な自分に向いていると思った安易な考え(笑)が、私が診断士を目指した最初の理由です。
そのように単純なスキルアップの目的で始めましたが、勉強を進めるにつれ、予備校の先生や先輩合格者のお話、今まで知らなかった新しい知識などに触れることで、診断士という資格・仕事そのものへの興味に強く惹かれていき、まるで魔法にかかったかのようにこの資格への虜になっていきました。
気付けば「究極のゼネラリスト」になることが、診断士を目指す目的になっていました。

---
ベンチャー企業で、社長の直下で働くことが多かったので、所属部門以外の部門を横断的に把握したり、社長として自部門に求められることを考えたり、自分が社長だったらという視点で経営の意思決定トレーニングをするために、診断士として幅広い知識・視野を身につけたいと思い、目指すことを決めました。

---
30歳過ぎて毎日会社に行くだけの生活な感じがしたとき、「このままではいけない!」と思った。
その時、「あ、そう言えば、中小企業診断士試験ってのがあったな。」と思い出したのが、試験を受けようと思ったきっかけ。
それから診断士試験を勉強していくうち、本気で創業支援や事業再生支援をしたいと思うようになりました。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。