スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ふぞろいの分析作業の秘密

ふぞろい6の事例3分析チームのりゅううしです。

ふぞろい6プロジェクトの当初の予定では、
2月末までに原稿を書き上げ、3月から本格的な
校正を行うことになっていました。

そして、ほぼ予定どおり原稿が出来上がっております。
私が担当の事例3も、チーム内校正を終えた原稿ができ、
少しホッとしているところです。

さて、ふぞろいシリーズを読んだことのある読者なら、
一度は気になったかと思いますが、どのように分析している
のか、その裏側を少しだけ紹介したいと思いまーす。

事例1~4は事例ごとに4つのチームを編成しました。
各チームは5、6人のメンバーで構成されています。

事例3では、メンバー5人でしたので、各自1設問を担当しました。
分析のメインツールは過去のふぞろいメンバーから引き継がれ、
ふぞろい6メンバーで改善を重ねた分析用のエクセルファイルになります。

この分析用エクセルに採点候補となるキーワードを入力し、再現答案から
利用頻度を確認しランキングを作っていく作業を行います。

しかし、当然ですが再現答案ですので、全角半角の違いがあったり、誤字が
含まれていたり、同じ意味だと推測できるが受験生個人個人で独特な表現に
なっているなど、ツールを使用する前段階でも、それなりに時間がかかりました(>_<)

仕事が終わってからの平日夜に都内のファミレス等に集まったり、
またある時は、夜10時過ぎからSkypeで電話会議をしたりして、
お互いの分析結果について、あーだ、こーだと、協議し、調整をしてきました。

そして、分析開始時は事例毎に偏った分析にならないよう、他事例チームや
再現答案チームのリーダも、相互に各事例チームのミーティングに参加していました。

特に凄いなーって思ったのは、事例2(関西チーム)のリーダは、
ほぼ毎回Skypeでミーティングに参加していたことです。

手前味噌な話になってますが、このような涙ぐましい努力があって、
4事例とも同じ考え方・基準で分析されております。

ふぞろい6の出版を待って頂いている受験生の皆様に、1日でも早く我々の成果を
お届けしたいとメンバー全員でがんばってるので、楽しみにしていて下さいね!!



それと、前回と前々回の各分析担当から、受験生へのアドバイスがありましたので、
りゅううしも頑張って、分析する中で気付いたことをお伝えさせていただきます。

分析系の設問は与件文を整理して書き写すことが多いので、与件文の言葉を
しっかり使って、わかりやすい文章になっていることが多いと感じました。

しかし、助言系の設問は書こうと思えば与件文から離れたどんな方向の助言でも
書けてしまうのと、むずかしい制約があったりすることで、1回読んでも理解できない
解答が多く見受けられました。
また、与件文にない多様なキーワードも見受けられました。

何度も読まなければ理解できない解答を、採点者がどう取り扱うかは
わかりませんが、得点が伸びないリスクがありますよね。

助言系の問題こそ、与件文の言葉を使い、わかりやすい文章で書くことを
意識する必要があるんだなーっと感じました。

わかりやすい文章は一朝一夕には身につきませんが、ふぞろいの再現答案などから
これなら書けるなーって思う書き方を見つけ、真似るところから始めてみて下さい。

スポンサーサイト

ふぞろいメンバーってすごいんです

皆さまこんにちは。

ふぞろい6の分析作業を担当している西のあひるです。
今回は、関西からゆる~くお届けしたいと思います。


2月も終わりに近づき、分析・執筆作業もいよいよ佳境を迎えてきました。

2月といえば、診断士試験に合格できたお祝いとして (!)
実務補習が実施されています。

ふぞろい6プロジェクトメンバーのなかでも、本業のお仕事はもちろんのこと、
実務補習に参加しながらふぞろいプロジェクトにも取り組んでいる、超人的な
方がたくさんいらっしゃいます。

(基本のんびりしたいあひるは、殺人的なスケジュールに耐えられる自信が
全くなかったのと、せっかく合格したんだからちょっとくらいゆっくりしよう
という怠け者精神から、実務補習はまだ受けていません)


加えて、ふぞろいのなかでは大きくわけて、

・企画チーム
・分析チーム
・再現答案チーム

とありますが、各チームを兼任されている方がたくさんいらっしゃいます。

基本、2つのチームに所属するとタスクも2倍になると、大変さも2倍、
なんだと思います。

(お察しのとおり、あひるは上記3つのチームのなかでは分析チームにしか
所属していないためあくまで推測です)


でも、大変なのは、ふぞろい6をいい書籍として出版するために一生懸命に
取り組んでいるからです。

忙しい日々の合間を縫って、顔を合わせての打合せはもちろんのこと、
Skype等も活用しみんなでいいものを作り上げているところです。

ふぞろいは、等身大の受験経験者の生の声がたくさん詰まっています。
今年も、受験生の皆さまのお役にたてる書籍になるべくすくすくと育って
いっています。

楽しみにしていてください♪


さて、分析する中であらためて大切だと思ったことシリーズ、あひる版です(笑

こちらもよくよく言われていることなのですが、「設問に素直に答える」
ことです。

「当たり前でしょ?」と思われるかと思いますが、キーワードを盛り込める、
盛り込めない以前に、「問われている内容を的確に理解し解答に盛り込めているか」
が非常に重要になってくるかと思います。

出題者が何を問いたいのか、意図を読み外していないか、解答が設問に沿っているか、
何度も確認しながら解答作成に取り組んでみてください。

設問文に、出題者が問いたいことのすべてが詰まっています。
設問を理解したうえで、解答に盛り込む内容を与件文から探してみてください。


インフルエンザが流行っているみたいですね。
風邪をひくと、勉強できないプレッシャーやストレスもあるかと思います。
まだまだ長い闘いです。どうかご自愛くださいませ。


それではまた、次回の更新を楽しみにしていてください♪

分析作業のお話

ふぞろい6の分析チームのmotoです。

今回は分析作業のお話をします。

ふぞろいな合格答案を購入する大きな目的の一つに
「ふぞろいな答案分析」(解答ランキングとふぞろい流採点基準が
載っている章です)を勉強の参考にされる方が多いことと思います。

6月に出版を目指す「ふぞろい6」では2月の上旬をもって、
平成24年度の二次試験の解答ランキングと採点基準の分析作業が完了しました。

まずは出版に向けての第一段階クリアと言ったところです。

さて、その分析とはとても地道な作業の積み重ねです。

多くの方からご提供いただいた150あまりの再現答案から、
・AやBなどの評価ごとに多く使われているキーワードを抽出しランキング付け
・抽出したキーワードごと一定のルールに基づき配点
をしていきます。

基本的にはエクセルを活用するものの、精緻な分析をするには
場合によっては目検で1つずつ調整する細かな作業が必要になります。

しんどいですが、だからこそデータに基づいた客観的で精緻な分析ができるのです。

できるだけ早く受験生の皆さまのお手元にお届けするため、
限られた時間の中、分析チームメンバー全員でハードな作業をしてきましたが、
その甲斐あって受験生の皆さまのお役に立てる分析に仕上がったと自負しています。

今は、その分析に基づいた執筆の真っ最中です。
ふぞろい6でも3人のやり取りでストーリーが進んで行きますが、
どのようなキャラクターが登場するのかはまだ秘密です(笑)。

出版をぜひ楽しみにしていてください。


せっかくですから、分析する中であらためて大切だと思った事をひとつ。

受験校や勉強会などでは
「与件の言葉を使って解答をつくる」という話を良く聞きます。

わかっちゃいるけど、いざ解答を作ってみると自分のオリジナルの
表現に言い変えていたり、与件にない知識ワードを多く使って
いる方も多いのではないでしょうか。
(かつての私が正にそうでした汗)

「言うは易し行うは難し」で、与件の言葉を使うのはなかなか難しいものです。

しかし、答案を分析していると、
合格者やAの答案ほど間違いなく与件の言葉を忠実に使っています。
解答を読むと与件のどの部分を使っているかがすぐにわかるのです。

二次試験は採点者に対していかに自分の解答の意図を適切に伝えるかが大切なことは
言うまでもありません。
採点者と受験生の共通言語である「与件の言葉」を使う事で
採点者に自分の意図が伝わりやすくなる事は間違いないでしょう。

まだ本試験まで時間がある今こそ、「与件の言葉」を使いつくした
解答づくりのトレーニングをしてみてください。
きっと、合格へ繋がる大きな武器になることと思います。

まだまだ、寒い日が続きますが、体調を崩されぬようお気をつけて勉強頑張ってください。

ではまた。

再現答案を提供いただいた皆様へ

12月6日以前に再現答案をご提供いただいた皆様に向けて、
12月16日と12月26日に結果報告のご提供のお願いメールを送信させていただいております
(メール件名:ふぞろいな合格答案 合格発表結果情報の提供のお願い)。

一部の方から、迷惑メールになっているとのご連絡をいただきました。
12月6日以前に再現答案を提供したけれども、連絡が来ていないというかた、
迷惑メールをご確認いただけないでしょうか?

ご提供いただいた再現解答をぜひ活用したく、ご確認いただき、
評価結果のご提供にご協力いただけますようお願いいたします。

採点基準についての続き~因果の行方

<前回の記事>
ふぞろい流採点基準

アクセス数とか見てると、反響が高かったということと、
twitterでもご質問を頂いたので、改めて記事を書いてみます。

---------------------------------------

ふぞろい流採点基準はあくまでの統計データ処理ですが、
合格者が書いた答案のキーワードの傾向を明らかにできたと思います。
しかし、だからといって、そういったキーワードを並べたら
診断士試験は合格できるというものではありません。

むしろ、ふぞろい流採点基準を使って点数が高すぎるのは
キーワード偏重で 危険な答案な可能性もあります。
 と前回ブログに書きました。

すると ふぞろいのツイッターに、こんな返信いただきました。

>なるほどー。点数が高すぎてもダメな可能性があるとは目からウロコ。
>じゃあ、キーワードを使って論理を構成する練習に使うのがいいでしょうかね?

そう、そのとおりだと、ふぞは思います。

しかし、論理とか因果とかは中々クセモノです。ふぞろい的には。

因果がとれている答案
論理一貫性がとれている答案
 を統計データ的に解析するのは、結構難しいのです。

ふぞろいな合格答案は、事例ごと、設問ごとに分析を行っています。
そして、各事例が終わったところで、その事例に対するポイントをまとめています。

そこで、なんどが、論理一貫性や因果関係についてまとめることにチャレンジしています。

統計データの結論から言うと
 (1)設問間の論理一貫性はなくても合格可能
 (2)各設問ごとの因果は勝敗を分ける


(1)
設問感の論理一貫性を、再現答案のデータから分析するには、
まず、第2問と第4問が関連するといった関係の仮説を立てます。
(例)第2問でOEMを積極的にやるので、
  第4問では、大量受注をこなせる生産体制の構築を提案  など

こういった仮説をたてて、合格者の再現答案を分析しましたが、
有意な差を見つけることはできませんでした。

合格者でさえ、明確な一貫性をとれていないのです。
(我々の仮設が間違っている可能性あります)


(2)
一方で、ことしのふぞろい4でも取り上げている、
各設問内の解答ごとに因果を記載しているかは重要です。

理由は?
 と問われて、与件のコピー的な解答だけをしている場合と、
  その理由の真因を遡及して、因果を明確にしている解答とでは
   明確に合否に差がついています。

-------------------------------
ここからは、データの根拠がないので私見になりますが、
かといって、設問内の因果だけ取ればいいものではないと思っています。

全体の一貫性を考慮する時間がない、なんてことはないです。

全体の一貫性をとろうとしたけど、結果的に明確に一貫性をとるところまでは
いかなかったが、矛盾するほどではない、といった人が合格のラインで
はなから、全体の一貫性を黙殺している人は
ラインに届くことはないのかもしれません。

(私見です)

いずれにせよ、データ的に確かなことは、
まず、各設問内で、因果を明確にした解答を書けるかです。

ぜひ、
 ふぞろいな合格答案のキーワードに縛られるのではなく。
  ご自身の解答に因果がとれているかを確認してみてください。



Please! 1Click/day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。