スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ふぞろいメンバーってすごいんです

皆さまこんにちは。

ふぞろい6の分析作業を担当している西のあひるです。
今回は、関西からゆる~くお届けしたいと思います。


2月も終わりに近づき、分析・執筆作業もいよいよ佳境を迎えてきました。

2月といえば、診断士試験に合格できたお祝いとして (!)
実務補習が実施されています。

ふぞろい6プロジェクトメンバーのなかでも、本業のお仕事はもちろんのこと、
実務補習に参加しながらふぞろいプロジェクトにも取り組んでいる、超人的な
方がたくさんいらっしゃいます。

(基本のんびりしたいあひるは、殺人的なスケジュールに耐えられる自信が
全くなかったのと、せっかく合格したんだからちょっとくらいゆっくりしよう
という怠け者精神から、実務補習はまだ受けていません)


加えて、ふぞろいのなかでは大きくわけて、

・企画チーム
・分析チーム
・再現答案チーム

とありますが、各チームを兼任されている方がたくさんいらっしゃいます。

基本、2つのチームに所属するとタスクも2倍になると、大変さも2倍、
なんだと思います。

(お察しのとおり、あひるは上記3つのチームのなかでは分析チームにしか
所属していないためあくまで推測です)


でも、大変なのは、ふぞろい6をいい書籍として出版するために一生懸命に
取り組んでいるからです。

忙しい日々の合間を縫って、顔を合わせての打合せはもちろんのこと、
Skype等も活用しみんなでいいものを作り上げているところです。

ふぞろいは、等身大の受験経験者の生の声がたくさん詰まっています。
今年も、受験生の皆さまのお役にたてる書籍になるべくすくすくと育って
いっています。

楽しみにしていてください♪


さて、分析する中であらためて大切だと思ったことシリーズ、あひる版です(笑

こちらもよくよく言われていることなのですが、「設問に素直に答える」
ことです。

「当たり前でしょ?」と思われるかと思いますが、キーワードを盛り込める、
盛り込めない以前に、「問われている内容を的確に理解し解答に盛り込めているか」
が非常に重要になってくるかと思います。

出題者が何を問いたいのか、意図を読み外していないか、解答が設問に沿っているか、
何度も確認しながら解答作成に取り組んでみてください。

設問文に、出題者が問いたいことのすべてが詰まっています。
設問を理解したうえで、解答に盛り込む内容を与件文から探してみてください。


インフルエンザが流行っているみたいですね。
風邪をひくと、勉強できないプレッシャーやストレスもあるかと思います。
まだまだ長い闘いです。どうかご自愛くださいませ。


それではまた、次回の更新を楽しみにしていてください♪

分析作業のお話

ふぞろい6の分析チームのmotoです。

今回は分析作業のお話をします。

ふぞろいな合格答案を購入する大きな目的の一つに
「ふぞろいな答案分析」(解答ランキングとふぞろい流採点基準が
載っている章です)を勉強の参考にされる方が多いことと思います。

6月に出版を目指す「ふぞろい6」では2月の上旬をもって、
平成24年度の二次試験の解答ランキングと採点基準の分析作業が完了しました。

まずは出版に向けての第一段階クリアと言ったところです。

さて、その分析とはとても地道な作業の積み重ねです。

多くの方からご提供いただいた150あまりの再現答案から、
・AやBなどの評価ごとに多く使われているキーワードを抽出しランキング付け
・抽出したキーワードごと一定のルールに基づき配点
をしていきます。

基本的にはエクセルを活用するものの、精緻な分析をするには
場合によっては目検で1つずつ調整する細かな作業が必要になります。

しんどいですが、だからこそデータに基づいた客観的で精緻な分析ができるのです。

できるだけ早く受験生の皆さまのお手元にお届けするため、
限られた時間の中、分析チームメンバー全員でハードな作業をしてきましたが、
その甲斐あって受験生の皆さまのお役に立てる分析に仕上がったと自負しています。

今は、その分析に基づいた執筆の真っ最中です。
ふぞろい6でも3人のやり取りでストーリーが進んで行きますが、
どのようなキャラクターが登場するのかはまだ秘密です(笑)。

出版をぜひ楽しみにしていてください。


せっかくですから、分析する中であらためて大切だと思った事をひとつ。

受験校や勉強会などでは
「与件の言葉を使って解答をつくる」という話を良く聞きます。

わかっちゃいるけど、いざ解答を作ってみると自分のオリジナルの
表現に言い変えていたり、与件にない知識ワードを多く使って
いる方も多いのではないでしょうか。
(かつての私が正にそうでした汗)

「言うは易し行うは難し」で、与件の言葉を使うのはなかなか難しいものです。

しかし、答案を分析していると、
合格者やAの答案ほど間違いなく与件の言葉を忠実に使っています。
解答を読むと与件のどの部分を使っているかがすぐにわかるのです。

二次試験は採点者に対していかに自分の解答の意図を適切に伝えるかが大切なことは
言うまでもありません。
採点者と受験生の共通言語である「与件の言葉」を使う事で
採点者に自分の意図が伝わりやすくなる事は間違いないでしょう。

まだ本試験まで時間がある今こそ、「与件の言葉」を使いつくした
解答づくりのトレーニングをしてみてください。
きっと、合格へ繋がる大きな武器になることと思います。

まだまだ、寒い日が続きますが、体調を崩されぬようお気をつけて勉強頑張ってください。

ではまた。

企業診断連載中~ふぞろいな合格への道

ふぞろいOBの村上です。

月刊企業診断では、「ふぞろいな合格への道」ということで
毎号12ページにわたって、1次と2次の原稿をだしています。

今回は1月号に掲載された原稿の一部のパートをドーンと掲載します。





●時事ニュースで1次試験のイメージをつかむ!
【科目】企業経営理論
【論点】リバース・イノベーション
企業が新興国で製品や技術を開発して、先進国にもその製品と技術を展開すること


●ニュース見出し: 2012年10月3日
『インド発のリバース・イノベーションで ひげ剃り
市場のリーダーの座を守ったP&G』
(出典:ダイヤモンドオンライン)

●ニュース要約: 
 P&Gのひげ剃り用のカミソリのブランドである「ジレット」のアメリカでの市場シェアは80%以上とも言われ、二番手のシックを大きく引き離している。ベストセラーの「フュージョン プログライド」は、最新かつ最高のカートリッジ構造を持つカミソリで、替え刃の価格は約4ドル。
ただし、この手の最高級品がほとんど売れない新興国市場では、事情が異なる。それでは、カミソリの消費量が世界最大規模のインドで、ジレットが50%以上のシェアを獲得しているのはなぜだろうか。それも、「フュージョン プログライド」の3%に満たない価格の製品で獲得しているのである。


【ニュースから1次試験をイメージする】

「最高を男の手に!剃刀シェービングはジレット」。
女性の方々にはわからないかもしれないですが、男性はひげそりの使い心地には敏感です。「どれで、剃っても同じじゃないの!」と奥様から言われながら、ついつい高級剃刀を購入してしまう方は多いのではないでしょうか?

 アメリカでも、日本でも、こういった男性のひげ剃り文化はあると思いますが、さすがに平均所得の低い新興国に、最高級の剃刀製品を輸出しても、売れるわけがありません。そこで多くの先進国は、枯れた過去の技術、製品を輸出することになります。

 ジレットの場合も同じで、切り傷や出血が絶えない百年前の技術の二枚刃カミソリをインドに輸出していました。もちろん、インド国内でも不評で大きなシェアをとることができませんでした。


 しかし日本もアメリカでも自国の高度成長が望めなくなった今、新興国進出の目的は低価格品を製造する工場の確保ではなく、現地のシェアをとることに変わりつつあります。


 そこでP&Gは、ジレットにおけるイノベーションのアプローチを完全に逆転させたのです。インドにチームを送り、現地での剃刀の使い方を調べ、一枚刀で安価で、かつ、それなりに使いやすい製品を開発しました。そして同じ手法を使って、中国やアフリカまで製品展開を図ったのです。


 現地の顧客満足度は向上し、ジレットはシェアを高めました。しかし、ここまでではリバース・イノベーションではありません。さらに、低価格の新型製品がやがて、日米にも逆流して、低価格市場を席巻するようになって、はじめてリバース・イノベーションを成し遂げたと言えるでしょう。

 P&Gは現在保有する高収益モデルを捨て、自ら自社の首を絞めた可能性があります。しかし、自らが絞めなければやがて新興国企業に絞められてしまったでしょう。
自国で積み上げてきた技術、経験を一旦、脇に置いて、新興国で一から考え直してみる!こういった決断が今、日本企業にも求められているのでしょうね。


【過去問で論点を確認しよう】
●過去問:平成24年度第10問 (設問2改)

 アジアの途上国は次々に経済的に自立し、新興工業国としてめざましい発展を続けている国も少なくない。このようなアジアの経済成長に対応すべく、エレクトロニクス産業や自動車産業を中心に現地への進出が相次いでいる。しかし、わが国のエレクトロニクス産業は劣勢に立たされることが多い。リバース・イノベーションに関する記述として最も適切なものはどれか。

正解選択肢(イ) 先進国で開発された製品を、途上国の開発拠点で現地向けに開発し直し、現地の生産販売を図りつつ、それを先進国モデルへと進化させるイノベーション戦略である。


この問題は、まさにリバース・イノベーションの定義が問われていました。一旦、定義が問われると、次に出題されるときは、応用問題が出題されるケースが多いので要注意です。

ふぞろい6本格始動しています!

はじめまして、ふぞろい6プロジェクト企画担当
「ドリフト診断士(登録予定)」こと山口です。
受験生の皆様、ぜひぜひよろしくお願いします。


ふぞろい6プロジェクトキックオフから「あっ」という間に一か月が経ちました。

企画チーム
分析チーム
再現答案チーム

それぞれ順調にプロジェクト進捗しています!
(本当かな?)

不定期ではありますが、ふぞろい6発刊にむけての
活動状況を報告していきます。

受験生の皆様のお役にたてるような
内容の濃い書籍を作り上げたいと思っています。

皆様のお悩みや、知りたいことなど
コメントを通じてご質問いただければ
ふぞろい6プロジェクト参加メンバーが精一杯
お答えします!

皆様のご参加を心よりお待ちしています!

ふぞろいキックオフ
キックオフ時のひとコマです。

再現答案を提供いただいた皆様へ

12月6日以前に再現答案をご提供いただいた皆様に向けて、
12月16日と12月26日に結果報告のご提供のお願いメールを送信させていただいております
(メール件名:ふぞろいな合格答案 合格発表結果情報の提供のお願い)。

一部の方から、迷惑メールになっているとのご連絡をいただきました。
12月6日以前に再現答案を提供したけれども、連絡が来ていないというかた、
迷惑メールをご確認いただけないでしょうか?

ご提供いただいた再現解答をぜひ活用したく、ご確認いただき、
評価結果のご提供にご協力いただけますようお願いいたします。

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。